避妊のために内服するピルで生理痛の症状も緩和

避妊薬としてピルは有名ですが、生理痛の症状を緩和する目的で処方されることもあります。何故生理痛の症状を軽くすることができるのでしょうか。ピルを内服すると、その薬の薬効で体の中は妊娠をしたような状態になっています。妊娠をしたような状態である時には、排卵は抑制されます。排卵が抑制されることにより、妊娠しない状態を作る、つまり避妊の効果が出るわけですが、もう一つ薬効があります。排卵を抑制すると生理の時の血液量が減るのです。そのために生理痛などの症状を緩和することができるのです。しかし、ピルは痛み自体を押さえる薬ではありません。痛みは個人の感じ方によって差があります。そのため血液量が少なくなり卵巣や子宮にかかる負担が少なくなって、痛みが減ったという人もいれば、まったく変わりがないという人もいるのです。またこれまで生理の時の血液量が凄く多くて困っていたという人に対しては効果は大きいです。排卵を押さえることで血液量を減らすのですから、生理中の憂鬱な気分からは解放されるでしょう。また活動的になれば、生理であることを気にしなくなり、更に快適に過ごすことができるようになります。そして生理があることで女性は貧血にもなりやすいといわれますが、特に血液量が多く、貧血がちだった人も改善することができるのです。特に避妊効果を求めて内服したが、結果的に生理痛などの症状も同時に緩和することができて、生活がらくになった、精神的な負担が減ったと喜ぶ女性も多いです。実際に内服してみるまでは副作用なども心配する人は多いですが、ピルの種類もいくつかありますし、一つが体質にあわなくても、別のものを選択することもできます。一度検討してみる価値はあります。